暑くなってきて心配だったのですが
やっぱり壊れました。

スピードメーターセンサー。
今のところ代替部品が手に入るとはいえ
ひとつ1万円強の部品なので
毎年交換するのはつらいです。

夏の渋滞時に壊れることを考えると
原因はおそらく昨今の猛暑と
後付けラジエターファンからの
熱によるセンサー内の永久磁石劣化。

というワケで熱対策が必要そうです。

 

遮熱板を作ろう

今回は加工しやすい
薄いアルミ板を使って
遮熱板を制作します。

まずは適当に金切ばさみで
チョキチョキ

 

車体側でだいたいの大きさに
チョキチョキ

 

スプロケカバーを外して
アルミ板をあてがい
マジックでケガキをして
穴を開けました。

 

アルミ板をセンサーと
スプロケカバーにはさんでケガキして
ボルトの穴あけをします。

 

ボルトでとめて
ぐい~と形を変えます。

 

悪くなさそうだけど
もうちょっと形を整えましょう。

 

なにか頼りないな

 

断熱材で効果アップ?

カウル用に購入した
グラスウールが余っていました。

断熱すれば、
遮熱板の効果もあがる?

 

アルミテープで貼ります。

 

ちょっと頼りがいが
出てきました。

 

下からの熱も心配なので最終的に
じょうごのような形状にしました。

薄いアルミ板だと
形状がかなり自由です。

 

アンダーカウルからも
走行風が入るように
エアクリーナーへのダクトを
取り外しました。

効果のほどはまだわからないので
後日追記することにします。

 

※2020年8月15日追記

8月の炎天下で試走してみましたが
1時間ほどでまたセンサーが死にました・・・

遮熱板程度では効果が無いようです。