ゴム製のホースや
インテークマニホールド。
コネクティングチューブを
交換します。

 

コネクティング・マニホールド交換

エアクリーナーの
コネクティング部も
新品入手できました。

変形したり
硬くなってしまっている人は
早めに手に入れておきましょう。

 

純正品番
17253-KV3-950

 

限定再生産の時に
買っておいた新品の
インテークマニホールドも
ついでに交換します。

こちらは現在メーカー欠品しています。
¥20,000ぐらいしました。

 

リードバルブはまだ新品が
ホンダから純正部品が買えます。
※2018年10月時点

リードバルブ本体一式でも
リードバルブのプレートだけでも
手配できました。

純正品番
プレートのみ 14111-KV3-833
リードバルブASSY 14100-KV3-832

 

今回は実験的に
社外品ベースに
純正リードバルブを
組み合わせました。

Yahoo!ショッピング▼
KIWAMI リードバルブセット FOR ホンダ H-NSR250R
リードバルブガスケットも
新品が手配可能です。

純正品番
14132-KV3-950

 

インテークマニホールドは
8本のボルトでとまっています。

 

インテークマニホールドを外すと
リードバルブが・・・
ってあれ?

 

マニホールドに
くっついて外れました。

 

どうやら以前のオーナーが
液体ガスケットを
塗布したようです。

本来ここには
液体ガスケットは必要ありません。

 

エンジン側のガスケットを
剥がしていきます。
ここは地道に
傷をつけないように
スクレーパーをつかって
剥がしていきます。

もちろんクランク内に
入らないようにウェス等の
詰め物をしておきましょう。

 

これが一番時間を取りますw

 

ちなみにこういうのがあれば
楽にできます。
WAKO’Sのリムーバー 強力タイプ

ワコーズ(WAKO’S) リムーバー 強力タイプ RMV 300ml A341 STRAIGHT/36-1341 (WAKO’S/ワコーズ)

価格:1,854円
(2018/10/31 15:46時点)

>>Amazonで見る

 

仕上げにオイルストーンで
磨いておきます。

 

新しいガスケットと
リードバルブを組んでいきます。

 

インテークマニホールドも
新品を取り付けます。
中古は特に問題があったわけでは
ないのでキープしておきます。

 

キャブを取り付けて
オイルポンプの
エア抜きをします。

20~50:1の比率で
混合ガソリンを作り
エンジンをかけます。

 

オイルポンプを指で動かして
全開状態にします。

このまま数分
アイドリングを中心に
エンジンを回して
エア抜きをします。

 

アクセル開度50%の位置と
オイルポンプの調整位置を併せます。

 

エアクリーナーボックスや
ガソリンタンクを取り付け
ホース類の配管をしたら完成です。