レンタルバイクで
色々なバイクに乗っていると
NSR250Rって
結構クラッチ重いなぁ
と感じることが増えました。

ひょっとしたら
正常ではないのかも?
という考えもあって
整備とカスタムをしてみました。

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 1

 

クラッチスプリングの音鳴り

まず、クラッチワイヤーは
ステンレスの新品に
交換してあるので、
問題ないでしょう。

 

次にアヤシイのは
最近クラッチミートするときに
聞こえる小さな
「キィ」という音です。

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 2

 

どうもスプリングが
鳴いているような音だったので
クラッチスプリングをとめている
ワッシャーを見てみると
ずいぶん摩耗してました。

写真左が摩耗したワッシャーで
右側が新品です。

レコード盤のようになった
ワッシャーの上を
クラッチスプリングが動いて
音を出していたのです。

  • ワツシヤー 6MM
    純正品番:90406-kv3-780
  • ボルト,6カク 6X20
    純正品番:92101-06020-4j

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 3

 

クラッチリフターの交換

クラッチリフターの摩耗は
クラッチ操作の『重さ』には
関係がない部分ですが、
ここが摩耗していると
クラッチの切れが悪くなります。
クラッチスプリングの
ワッシャー摩耗のこともあり
クラッチリフターピースを
点検してみます。

クラッチハウジングの
センターに刺さっているのが
リフターピースです。

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 4

 

クラッチリフターとロッドの
間にある小さな鉄球がメリ込んで
ちょっと叩かないと
球が落ちてこないほど
摩耗してました。

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 5

 

クラッチリフターピースと
クラッチリフターロッドの
純正部品は廃盤。

しかしDMR-JAPANさんから
同等品が発売されています。

 

リフターピースのOリングと
リフターピースとロッドの間に
挟まっている鉄球は
純正部品を手配しました。

  • ボール,スチール #8
    純正品番:96211-08000
  • Oリング
    純正品番:91302-kv3-781

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 6

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 7

 

左が新品、右が摩耗したもの。
新品のリフターピースの中は
平らですね。
これではクラッチを切った時の
リフターの移動量が
変わってしまいます。

つまり摩耗が進むと
クラッチの切れが悪くなり
ワイヤーで調整しきれなくなります。

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 8

 

リフターロッドにOリングを
装着します。

表裏があるので注意しましょう。

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 9

 

溝のある方が車体内側です。

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 10

 

横から見ると溝のある方は
末広がりになっています。

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 11

 

ロッドはドライバーの先に
強力な両面テープを張り付けて

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 12

 

ロッドに押し当てて
ゆっくり引き抜きます。
鉄球も中に残っている場合は
同じ要領で出せると思います。

※写真はエンジンOH時のものです

NSR250R クラッチリフター DRCウルトラライトクラッチ 軽い 切れる 13

 

新品を組み付けて
クラッチワイヤーを取り付けますが
クラッチワイヤーの張り調整を
緩めてからワイヤーを取り付けましょう。

リフト量が変わっているので
張りが強くなっています。

交換した感想としては
クラッチワイヤーの調整域が
変わっただけで
体感できるものではありませんでした。

体感できるほど消耗した状態からの
交換では遅すぎるのでしょう。